独学でTOEIC970点獲得の経験者が教える英語力強化の決め手

 

英語のリーディングというと、学生時代に取り組んだ英文和訳や長文読解の問題を思い出してうんざりした気持ちになる人も多いかもしれません。

でも、英語学習に最も重要なのは「インプットの量」です。最近の英語学習法では盛んにコミュニケーション重視が叫ばれ、失敗を恐れずにとにかく喋ることが英語上達の一番の近道のような言い方をされていますが、インプットが十分でないままアウトプットを行おうとしても、乏しい語彙で文法もめちゃくちゃな「英語もどき」をまくしたてているだけなのに英語ができるようになったと錯覚することになりかねません。

リーディングはこのインプットを大量に行うための最良の手段です。本気で英語を身につけたいと思ったら、是非腰を据えてリーディングに取り組んでください。

 

リーディングでアウトプット力も鍛えられる

 

リーディングはどちらかというと受け身の学習で、会話力の向上には役立たないのではと思っていませんか?

確かに、思ったことが即言葉として口から出るようにするにはリーディングだけでは難しいかもしれません。でも、普段なかなか英語に触れる機会のない日本人にとっては、正しい英文を組み立てる文法知識、会話に必要な表現力や語彙といったものはリーディングなくして鍛えることは無理だと言っても過言ではありません。

また、リスニングにしても会話の速度で英文が読めなければ英語を聞き取ることはできません。そのためにはリーディングの中でも速読の練習が有効です。

 

ただし、リーディングと言っても取り組み方によっては英語力の強化にはなかなかつながりません。

ここで、「良いリーディング」と「悪いリーディング」の特徴を挙げてみましょう。

 

悪いリーディングの特徴 ①辞書を引かない

 

解説付きのテキストで、知らない単語や熟語があっても注釈に意味が書いてあればそれで済ませてしまい、自分で辞書を引いてみることをしない。

 

悪いリーディングの特徴 ②英文を「なんとなく」読んでいる

分からない単語を自分で辞書で調べた場合でも、文法の構造等確認せず、英文の意味が「だいたいわかっただけで」済ませてしまう。

 

悪いリーディングの特徴 ③音読しない

読む時は常に黙読。

 

悪いリーディングの特徴 ④そもそも読む量が少ない

英文読解問題以上の長文を読んだことがない。

 

 

それでは、これに対して効果の上がる「良いリーディング」とはどんなものなのでしょうか。

良いリーディングの特徴 ①必ず分からない言葉は辞書で調べる

初めて見る単語や熟語が出てきたら、テキストに注釈があるかどうかに関わらず、必ず辞書で調べます。テキストの注釈は、1つの単語の数多い和訳の中から該当の文に最も当てはまるものを記載しているだけのことが多いので、注釈に頼ってしまうとその単語本来の意味が分からず、後々同じ単語に出会っても応用が利かなくなります。

不明な単語・熟語は必ず自分で辞書を引きましょう。辞書を引いた回数と語彙力は比例します。

良いリーディングの特徴 ②分からない部分が一切なくなるまで確認する。

Photo credit: English106 on VisualHunt.com / CC BY

 

解説付きのテキストを使う場合であっても、すぐに解説の和訳に頼らず、前述の通りまず辞書を使って自分で意味を考えましょう。どうしても分からなければ和訳を見ても構いませんが、自分はなぜ意味が取れなかったのか、その文章が文法的にどういう構造になっていたのかを必ず確認しましょう。

 

良いリーディングの特徴 ③テキストを声に出して発音してみる。

リーディングのテキストはできる限り音読してみましょう。ただし、ペーパーバックの小説などは全文を音読していると疲れてしまいますので、初めて見る単語や言い回しに出会った時ぐらいで構いません。全ての単語につき、発音が曖昧だった時は必ず辞書で確認し、間違った発音を覚えないようにしてください。「語彙力」とは発音も含めてのものであることを忘れずに。

また、質の良い英文を音読することによって、英語のリズムを身体で覚え、会話の際にも言葉がスムーズに出やすくなります。

また、単語や熟語、言い回しなども実際に声に出してみることによって記憶に定着しやすくなります。

私は久しぶりに英会話をしなければならなくなると、事前準備として適当な英文テキストを何度も音読するようにしています。

 

良いリーディングの特徴 ④読む量が多い。

普段あまりリーディングをしていない人だと、ペーパーバックの小説数ページ読み通すのにも苦労すると思います。語彙が不足しているという以前に、脳が疲れてしまうのです。

日本語と大きく構造が異なる英語を習得するには、英語の論理構造に脳を慣れさせ、鍛えていかなければなりません。そのために一番有効なのは英文の多読です。できれば英字新聞か英語の雑誌を定期購読し、常にリーディングに取り組める環境を用意しましょう。気に入ったジャンルの小説や、見て面白かった映画の原作本でも構いません。今は洋書であってもaオンライン注文で簡単に入手することができますし、Kindleを使えばいつどこでも思い立った時にリーディングに取り組めます。十分活用しましょう。

 

英語学習の要はリーディング

 

リーディングは英語の4技能と言われる「読む・書く・聞く・話す」のうち、「読む」能力だけを鍛えるものでは決してありません。うまく取り組めば4技能全てを向上させることができます。

そして、普段英語に接する機会の乏しい我々日本人が自ら英語環境を作るには、リーディングが一番手っ取り早いのです。

リーディングは根気のいる学習法ですが、これを避けて英語力の向上は望めません。がんばりましょう。

 

Summary
独学でTOEIC970点獲得の経験者が教える英語力強化の決め手
Article Name
独学でTOEIC970点獲得の経験者が教える英語力強化の決め手
Description
英語のリーディングというと、学生時代に取り組んだ英文和訳や長文読解の問題を思い出してうんざりした気持ちになる人も多いかもしれません。 でも、英語学習に最も重要なのは「インプットの量」です。最近の英語学習法では盛んにコミュニケーション重視が叫ばれ、失敗を恐れずにとにかく喋ることが英語上達の一番の近道のような言い方をされていますが、インプットが十分でないままアウトプットを行おうとしても、乏しい語彙で文法もめちゃくちゃな「英語もどき」をまくしたてているだけなのに英語ができるようになったと錯覚することになりかねません。 リーディングはこのインプットを大量に行うための最良の手段です。本気で英語を身につけたいと思ったら、是非腰を据えてリーディングに取り組んでください。
Author
Publisher Name
学びのブログ
The following two tabs change content below.

morinoue

森之上 雄一(もりのうえ ゆういち) 海外生活経験なし、仕事でも英語を使う機会はほとんどないという環境の中、独学で英検1級、TOEIC970点取得。英語学習の魅力に取り憑かれ、ライフワークとして「日本人としての英語力」強化に取り組み中。現在「DMM英会話なんてuKnow?」(https://eikaiwa.dmm.com/uknow/)アンカー、出版翻訳経験あり。現在BPO系企業に勤務中。
READ  独学でTOEIC970点取った経験者が伝える英語勉強の心構え