お金とは何か聞かれたらあなたは答えられますか?

 

皆さんはお金のことをどのように捉えていますか?『つい無駄なものを買ってしまう』『収入があがらない』『たくさん稼ぎたい』『なんでこれしかないのか』『どうやればもっと増えるのか』といった悩みをお持ちではないでしょうか?

このようなお金に関する悩みは、『お金の本質』を理解することで、その謎が解けていきます。

幼少期からそのようなお金の本質を理解するような機会を持つことで、悩みから開放された人生を歩むことができるかもしれません。
今回のコラムでは、お金の本質について解説してみたいと思います。

 

そもそもお金とは?

そもそも『お金』とはなんなのでしょうか?

歴史的には、お金とは、『価値交換の道具』として広まってきました。
元々は貝殻などが使われていたことは歴史などで学んだ記憶がある方も多いのではないでしょうか。

実は、今でもその本質は変わらず『道具』としての役割が中心となります。ただ、お金が道具として使われるために最も大事なポイントは『これがお金であり、これくらいの価値がある』ということが、使う人達の間で共通の認識ができる、ということです。

 

たとえば、こども銀行の紙幣があったとしましょう。

 

これを使おうとしても、誰もがこれはお金だとは認めてくれません。
そして、誰もがお金だと認めてくれなければ、それは『道具』としてはみなされなくなってしまうわけです。

極端に言えば、日本銀行券も『ただの印刷物』と言うことが言えます。ただ、これを日本政府が『これは一万円の価値があるものである』と保証しているので、皆が安心して使うことができるわけです。

 

だからこそ、『偽札』というのが出回ってしまうと、『お金』に対する信用問題になり、お金としての役割が根本から覆されてしまうので、大きな問題なわけです。

本質を理解すると仮想通貨も理解できる

この原理を理解できると、『仮想通貨』も理解していくことができます。

仮想通貨も、お金と同じように使える『道具』としてみなすことができるということで今の世の中に現れてきました。その背景には、ブロックチェーンといったい技術的な背景がありますが、要は『これって偽物とかもできづらいし、お金として信用していいのではないか』と理解されつつある、ということです。

 

つまり『お金』も『仮想通貨』もどちらもただの道具である、ということに変わりはありません。

 

『お金』は、国がその価値を保証しており、『仮想通貨』は、技術的な背景(さらにはそれに伴う相互監視)がその価値を保証しています。

 

どちらも、ただの道具なのですが、その道具自体に対する需要が高まることで値上がりしたり、急落したりしているわけです。

 

もちろん便利である一方で、技術によって価値が裏付けられているので、もしもこの技術が脅かされたら、価値は無くなってしまいます。ただ、実はこれは紙幣でも同じで、最近だとギリシャが例となりますが、国家が破綻すればその国の紙幣はまったく価値をなさなくなります。

 

このように、お金の本質をしっかりと理解できると、仮想通貨等の新しい道具も理解することができます。

Summary
お金とは何か聞かれたらあなたは答えられますか?
Article Name
お金とは何か聞かれたらあなたは答えられますか?
Description
皆さんはお金のことをどのように捉えていますか?『つい無駄なものを買ってしまう』『収入があがらない』『たくさん稼ぎたい』『なんでこれしかないのか』『どうやればもっと増えるのか』といった悩みをお持ちではないでしょうか? このようなお金に関する悩みは、『お金の本質』を理解することで、その謎が解けていきます。 幼少期からそのようなお金の本質を理解するような機会を持つことで、悩みから開放された人生を歩むことができるかもしれません。 今回のコラムでは、お金の本質について解説してみたいと思います。
Author
Publisher Name
学びのブログ
The following two tabs change content below.

学びのブログ編集部

学びのブログは、『学び』に関しての様々な情報をお届けします。英語学習や海外の教育事情、また社会で活躍するための本質的な学びについての様々な記事や情報を発信していきます。
READ  「自己責任」の意味を考える