中学生の勉強はどうやってやればいいの?おすすめの勉強方法

 

中学生は、部活動に行事にと毎日忙しい上、小学校から上がったばかりで、自分なりの勉強の仕方や時間の使い方がわからないお子さんが多いものです。

そんな状況で、いきなり中間・期末テストといった定期テストが新たに始まることとなります。

 

しかし、12〜15才という中学生の年代は、ちょうど思春期の反抗期が激しくなる時期。

親は、子供たちとうまくコミュニケーションを取れなくて、勉強の仕方や成績のことでつい言い合いになったり険悪な関係に陥ってしまうことも増えがちです。

 

お子さんの悪い面を挙げて怒ったりお説教をしたりしてしまう前に、まずお子さんの今の様子や性格にどんな勉強の仕方が合っているのかを考えて、親子で話し合うようにするといいと思います。

 

ここでは、中学生の子供たちの状態や性格に合わせて、どのような勉強方法がいいのかをまとめてみます。

 

 

〈部活が忙しい!家に帰ると疲れている中学生〉に合う勉強方法は?

 

小学校から中学校に上がった時、勉強において最も大きな変化は、学期ごとに行われる定期テストが始まったことでしょう。

それと同時に、中学生のお子さんたちが最も大変だと感じるのが『部活動』です。

 

特に1年生の間は、まだ上級生ほどの体力もついておらず、部活動が終わって家に帰れば疲れでぐったりしてしまって、何もしないでそのまま寝てしまうことも多いはずです。

そのような状態では、毎日の自主学習もままならず、また塾へ通う時間も取れないのではないでしょうか。

親御さんの気持ちとしては、無理をしてまで勉強をさせたくはないけれど、このままではテストの点に影響してしまう!と心配になってしまいますよね。

 

そんな時は、中学生対象の自主学習補助システムを利用してみてはどうでしょう。

自主学習補助システムを利用すると、部活動の後の遅い時間から塾へ出かける必要もなく、お子さんは時間と自分の体力に余裕がある時に学習できます。

また、効率のよい学習計画を立ててもらえるので、勉強の仕方が分からずに悩むこともなくなり、無駄な学習時間を短縮できるようになるでしょう。

 

おすすめの自主学習補助システム

じゅけラボ予備校



志望校合格までに必要な学習内容を生徒の学力と志望校に合わせて提供する、授業のないネット予備校。

学力テストを受けた後、指定された正しい勉強法で参考書・問題集を自宅で勉強するだけなので、受験勉強の仕方で迷うことがなくなります。

 

基本料金

・入塾金…なし

・高校受験対策講座…12,800円/月

・難関高校受験対策講座…14,800円/月

・大学受験対策講座…14,800円/月

・難関大学受験対策講座…16,800円/月

・私立中高一貫校向け大学受験対策講座…16,800円/月

 

 

〈部活はないけど、教わるのは億劫。反抗期真っ只中の中学生〉に合う勉強方法は?

 

部活動に所属していない中学生ならば、放課後の時間を有効に使って、塾に通うなどして十分に勉強することもできます。

しかしながら、子供たちの中には、もともとの性格が人見知り、個人主義のお子さんもいて、人から教わることがあまり好きではなく、億劫に感じるお子さんもいます。

また、ちょうど思春期の反抗期の真っ只中にあって、先生や親に対してなかなか素直になれず、つい反抗して勉強を放棄してしまったり、勉強の仕方が分からずひそかに悩んでいるお子さんも多いのではないでしょうか。

 

そういったお子さんには、動画学習による勉強を取り入れてみることをお勧めします。

動画学習の場合は、実際に先生と向き合って指導を受けるのではなく、自宅などでパソコンを使ってネット上の講義を聞き、学ぶことができます。

したがって、お子さんたちが実際に先生達とコミュニケーションを取る機会はかなり少なくて済みます。

 

おすすめの動画授業

e点ネット塾



有名な予備校・学習塾の人気講師の授業が、インターネットを使って自宅でも外出先でも、いつでも何時間でも、そして何度でも受講できる、人気の動画配信システムです。
小学校1年~高校3年の主要教材を全て網羅しています。(小学生コースの講義映像は国語と算数のみ。)

 

基本料金

・入会金…20,000円(税別)

・小学生コース…3,000円/月

・中学生コース…4,000円/月

・高校生コース…6,000円/月

・小中コース…5,000円/月

・中高コース…7,000円/月

・フルコース…8,000円/月

 

 

〈学習がかなり遅れていて心配!な中学生〉に合う勉強方法は?

 

「うちの子、学校の勉強についていけてないみたい」という事実が、定期テストの結果が出た際に突然発覚することはよくありますよね。

突然の事実発覚に動揺して、あわてて塾に駆け込んでしまう親御さんも多いと思います。

 

ただし、もしお子さんのテストの点数が、クラスまたは学年平均点をかなり下回っていて、今の時点で学習にかなりの遅れが感じられる場合は、塾よりも、勉強の仕方を直接指導してくれるプロの家庭教師をお願いするのがよいかと思います。

 

家庭教師を雇うということは、費用面でかなり負担が大きくなるのでは?と思われがちですが、決してそんなことはありません。

以下にご紹介する家庭教師センターもぜひ利用してみてください。

 

おすすめの家庭教師センター

家庭教師のノーバス



ノーバスは家庭教師と個別指導塾の両方を運営していて、家庭教師派遣は関東地区に20拠点と、関東地元に密着して展開しています。

教師変更率が1.6%という水準の高さを誇っているところからも、指導に安心感があります。

自宅に来てくれる家庭教師のほかにも、学習プランを立てる専任担任がついてしっかりサポートしてくれます。

 

基本料金

・小学生指導…90分 4,700〜5,200円

・中学生指導…90分 5,500〜6,000円

・高校生指導…90分 6,600〜6,700円

・センター登録費…20,000円(税抜)

・学習サポート費…月3,000円

 

 

〈女子などで夜遅くなるのが心配、近くによい塾がない中学生〉に合う勉強方法は?

 

お子さんが中学生女子の場合、例えば塾に通って帰りが夜の10時過ぎになってしまうと、家族にとっては帰り道がとても心配ですよね。

また、お住まいの近くにいい塾がなくて、自転車や電車などで遠方へ通わなければならない場合、往復の通塾時間がかなりかかるのも困ることでしょう。

 

そのような場合は、パソコンなどを利用してインターネット上のオンライン個別指導を受けてみるという勉強方法がおすすめです。

オンライン個別指導は、塾で受けるような個別指導が、インターネットを通して自宅で受けられるという、とても画期的なシステムです。こちらのシステムならば、お子さんが夜間におうちの外へ出ることも避けられますし、お住まいの近くに通いやすい適切な塾がない場合も助かります。

 

おすすめのオンライン個別指導

インターネット松蔭塾



全国に180校展開している学習塾「松陰塾」によるオンライン個別指導システムです。

個別指導歴38年の指導方法〈ショウイン式〉を自宅で受講でき、基礎学力の向上や自立学習習慣の定着をはかることが可能です。

社会人講師によるテレビ電話を使った学習指導でお子さんのやる気を引き出します。

 

基本料金

・入塾金…20,000円  (インターネットからの入塾は8,000円)

・声掛けコース(週1回10分)…8,000円/月

・個別指導コース(週1回30分)…12,000円/月

・個別指導コース(週2回30分)…16,000円/月

 

 

インターネット家庭教師のNetty



家庭教師・個別指導塾のノーバスが運営している、インターネットでのオンライン受講サービスです。

パソコンがあれば、都市からかなり離れた地域にお住まいの方でも受講できます。

インターネット授業のため交通費や教材費が入らず、入会金もないので家計的にとても助かります!

 

基本料金(一般コース)

・小学生指導…50分 2,000〜2,500円

・中学生指導…50分 2,750〜3,500円

・高校生指導…50分 3,500〜3,750円

・入会金…なし

 

 

まとめ

Photo credit: mattemagnus on Visual hunt / CC BY-SA

 

中学生が勉強しないのは、必ずしも勉強が嫌いだからというわけではありません。

勉強の仕方がよく分かっていなかったり、あるいは勉強する意義まで深く考えていなかったりというのが大半の理由です。

 

そもそも中学生の勉強は、高校受験がゴールなのでは決してありません。すぐ先には、高校での3年間の学び期間も控えており、さらにその先には大学・専門学校の受験という関門もあるのです。

その大きな関門に向かって、中学・高校の6年間の学習の流れが向かっているイメージを持ってみてください。そうすれば、高校受験はその流れの途中の分岐点の一つなのだと納得できます。

 

親はあせらず、6年間トータルでのお子さんの学びと成長に期待するといいのではないかと思います。

Summary
中学生の勉強はどうやってやればいいの?おすすめの勉強方法
Article Name
中学生の勉強はどうやってやればいいの?おすすめの勉強方法
Description
中学生は、部活動に行事にと毎日忙しい上、小学校から上がったばかりで、自分なりの勉強の仕方や時間の使い方がわからないお子さんが多いものです。 そんな状況で、いきなり中間・期末テストといった定期テストが新たに始まることとなります。 しかし、12〜15才という中学生の年代は、ちょうど思春期の反抗期が激しくなる時期。親は、子供たちとうまくコミュニケーションを取れなくて、勉強の仕方や成績のことでつい言い合いになったり険悪な関係に陥ってしまうことも増えがちです。 お子さんの悪い面を挙げて怒ったりお説教をしたりしてしまう前に、まずお子さんの今の様子や性格にどんな勉強の仕方が合っているのかを考えて、親子で話し合うようにするといいと思います。 ここでは、中学生の子供たちの状態や性格に合わせて、どのような勉強方法がいいのかをまとめてみます。
Author
Publisher Name
学びのブログ
The following two tabs change content below.

rain

現在は学習塾で高校・大学受験生の現代文・古典・英語・TOEIC・英検受験指導と、週に2日英会話教室で教えており、自らも大学生と高校生の子を持つ親として、親の立場で子供の学習や受験に悩んだ経験から得たものを、多くの方とシェアできたらと思っています。
READ  高校生の勉強に家庭教師を雇うのは?メリットや効果は?