親の関わり方でかわる!自分から宿題をする子供の親がしている習慣とは?

子供にとって宿題とはどのようなものなのでしょう?「学校で決められている課題」「親がうるさいからする」「終わらないとゲームをさせてもらえない」等、さまざまな意見を教えてくれます。なかには、「自分のため」という子供もいますが、「やりたい」と思ってしている子供は少数派になります。しかし、宿題や家庭学習は自分の学力を定着させるための手段です。ここを子供に理解させる必要があります。

 

自分で宿題をする子供の共通点

学校から帰宅して、親から何も言われずに宿題をする子供の共通点に「集中する力が定着している」「時間の管理能力が身についている」「宿題は自分のためにするという自覚がある」ということがあります。

 

集中する力とは、机に向かって一定時間は無言で作業に取り組む時間のことです。勉強時間を「勉強に関する時間」と思っている方も多いと思いますが、勉強時間とは問題を考え、書く時間です。「宿題の準備」をする時間は勉強時間には含まれません。この集中できる時間が長ければ長いほど、取り組む勉強の作業効率が高い傾向にあります。

時間の管理能力に関しては、自分のスケジュールを把握できている子供は自分のするべき作業と時間の配分を計算できます。習い事や遊びにどれくらいの時間がかかるのか、宿題にはどれくらいの時間がかかるのかということを認識しています。これにより、宿題だけでなくほかの作業にもやる気をだし積極的に行動します。

宿題は親のためにするものではありません。しかし、自分でできない子供は「言われるからする」「仕方ないから」といいます。宿題は学校で学習した内容の復習がメインです。その意味をきちんと理解させましょう。

 

自分から宿題をする子供への親の関わり方

何も教えずに小学生がやる気をだして宿題をするということはまずないでしょう。宿題の進め方、その意味、時間の配分等を子供は学校や親から学びます。親にとって当たり前なのは経験してきたからであり、小学生にとっては未経験なこともあります。

自分でやらないのは、自分でする方法をよく理解していないからです。もしくは、知っている方法がその子に合っていない可能性もあります。

宿題の内容、する時間帯、かかる時間は個人差があります。どのような場合でも、その子に適したアプローチ方法があります。親は「当たり前」という考えを捨て、感情的にならずに子供に教えることが必要です。一度、教えたからといって簡単にできることではありません。毎回、すべてを指導する必要もありません。できていることは認め、できないことに関しては一緒に考えて解決するようにします。大事な事はできていることを認めるということです。

 

親が教える子供の集中力の伸ばし方

 

子供の集中力には個人差があります。小学生の場合、低学年と高学年でもその時間は異なります。一般的に集中できる時間は、10分~40分程度を考えられています。それよりも長い時間の作業ができる子供は、一定時間がすぎて少しのクールダウンの時間を設け、その後再び集中モードに入っていると考えられます。

集中力の伸ばし方は、「集中できる時間」を伸ばすことです。この能力は、「集中できること」を繰り返して伸びる能力です。まずは、子供の興味のある集中できる行為と時間を把握します。いきなり勉強で集中力をつけるという方法はおすすめできません。

 

集中力を確かめる方法はゲームでもパズルでも読書でも何でもいいです。まずは、集中する能力の把握に努めます。ある程度の時間を継続して行えるというのであれば、それを目安に勉強に置き換えます。この時のポイントは子供に「○○では△△分は集中できている」ということを伝え、子供に能力があるということを自覚させましょう。

 

次に勉強で集中力を継続させる場合は、学力よりも少し低めの課題にします。考える能力力と集中して作業を行う能力は別と考えます。すらすらと解ける問題を継続することにより集中できる時間は長くなります。

 

勉強が好きなものになるまでは親のサポートが必要

子供は大人よりも正直です。好きなものは積極的に取り組み、嫌いなものは排除しようとします。大人は苦悩を乗り越えた先の報酬を見越して頑張ることができますが、子供はそこまで先を見据えて行動する能力はまだありません。

積極的に家庭学習をする子供は少なからず「知ることが楽しい」と感じています。人間は本来、知ることや能力が向上することに対して積極的に行動します。スポーツやゲームが楽しいのは、自分が上達していることが自分で理解できるという成功体験を繰り返しているからです。勉強においてもこの成功体験を繰り返して習得できている子供は自分で取り組む姿勢をもっています。

 

逆に「勉強が嫌い」という子供は失敗体験を持っています。この失敗とは、「テストの点数で評価された」「字が汚いことばかり注意される」「怒られてばっかり」というような体験です。大人は改善の為に注意しますが、子供にとってはマイナスな言葉を投げかけられる体験として残ります。

 

学校は個人の理解力に応じて授業をすすめてはくれません。個人の能力に応じてカリキュラムは作ってくれないのです。では、その時に親はどのように対応するのでしょうか?

 

改善のための言葉をかけるのではなく、能力習得に対してのサポートをしてあげてください。サポートの方法はさまざまですが、子供が勉強に関して成功体験を積み重ねることができるアプローチをしてください。具体的なサポート方法については、「ゲームが得意な子供は勉強が得意?ゲーム好きを勉強に結びつける方法」で紹介しています。

 

まとめ

子供が自分で積極的に勉強に取り組むためには、宿題の意味を理解させることや勉強に対する成功体験を積ませることが大切です。それは、勝手に身につくものではなく親のサポートにより自然と習得されます。最初は親にとっては負担になりますが、年齢が低ければ低いほど時間と労力は少なくて済みます。

Summary
親の関わり方でかわる!自分から宿題をする子供の親がしている習慣とは?
Article Name
親の関わり方でかわる!自分から宿題をする子供の親がしている習慣とは?
Description
子供にとって宿題とはどのようなものなのでしょう?「学校で決められている課題」「親がうるさいからする」「終わらないとゲームをさせてもらえない」等、さまざまな意見を教えてくれます。なかには、「自分のため」という子供もいますが、「やりたい」と思ってしている子供は少数派になります。しかし、宿題や家庭学習は自分の学力を定着させるための手段です。ここを子供に理解させる必要があります。
Author
Publisher Name
学びのブログ
The following two tabs change content below.

学びのブログ編集部

学びのブログは、『学び』に関しての様々な情報をお届けします。英語学習や海外の教育事情、また社会で活躍するための本質的な学びについての様々な記事や情報を発信していきます。
READ  中学生の勉強はどうやってやればいいの?おすすめの勉強方法