美しい英語を身に付けたい! 小学生が文法を覚えるためのおすすめの方法

 

2020年から小学校で英語の授業がはじまります。外国との距離が短くなるにつれ、日本の英語力は長年の課題でもありました。

これからの未来を担う子どもたちは、ますます英語を必要とすることでしょう。

そうした社会の中で、より美しい英語を子どもたちには身につけてほしいと思いませんか?

ここでは文法的に美しい英語を子どもたちに学ばせるべく、そのおすすめの教材や学習方法について考えます。

 

 

小学校の英語では文法を学習しない

 

小学校で英語の授業がはじまることにはふれましたが、果たしてどのような授業が小学校では行われるのでしょうか。

2020年に施行される新学習指導要領には、以下のように書かれています。

「外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方を働かせ、外国語による聞くこと、読むこと、話すこと、書くことの言語活動を通して、コミュニケーションを図る基礎となる素質・能力を育成することを目指す。」

このように、コミュニケーション能力の資質を育成することには言及されていますが、英語力、文法の学習については一切示されていません。

筆者が昨年まで行っていた英語の授業でも、英語を話したり聞いたりする活動は保障されていましたが、文法的に解説することはまったくありませんでした。

つまり、小学校で英語の授業では英語の構造や文法を理解することはできないのです。

それでは、小学生が英語の文法を学習するためには、どのような方法があるのでしょうか。

 

 

どのように文法を身に付けるべきか

 

小学生が英語の文法を学習するためには、大きく二つの方法があると筆者は考えます。

それは、ドリルや市販の教材などを使って英語の文法や構造を学ぶ方法と、英語をひたすら聞くなかで英語の構造を体感的に学ぶ方法です。

 

ドリルや教材を使って英語の文法を学ぶ方法は、親御さんにとっても最もイメージしやすいのではないでしょうか。

知識として英語の文法を理解し、簡単な文章を作って実践的な学習をしていきます。こうした学習を取り入れている英語塾もあります。

 

この方法の良いところは、正しい英語の文法の構造を理解できるということです。

例えば、英語は基本的には「主語+動詞~」の順番になっていることなどを知識として得ていくことができます。こうした基礎知識が定着していれば、その先の英語学習の理解度も高まることでしょう。

しかし、こうした文法の学習方法は、小学生にとっては難易度が高すぎる側面があります。

2020年から英語の授業が必修になるのは小学校3年生からです。小学校3年生の段階で「主語」「動詞」などといった文法的用語は理解できません。なぜなら日本語の中ですら、そうした用語を学習していないからです。

小学校3年生までに国語で学習する文法用語は「主語」「述語」「修飾語」までです。これだけしか知識が無い中で英語の文法を理解するのは、小学生にとってハードルが高いでしょう。

 

一方、音声による英語の文法構造を理解する方法はどうでしょうか。

音声による英語の文法構造を理解する方法とは、言い換えれば英語の文章をひたすら聞いて、英語がどのような語順になっているのか学習していく方法です。

たとえば、CDなどの音声英語教材を使って学習する方法などがあげられます。

音声英語教材を聞き続けることにより、「I am a student.」「I play soccer.」「I like apples.」といった英語の短文を繰り返し聞くことで、主語である「I」が最初に来ていることを感覚的に学んでいくのです。

 

この学習の良い点は、英語を音声から学ぶことができる点にあります。

特に、11歳未満の子どもは第二外国語を学ぶのに適した柔軟な聴覚をもっているとされ、英語の文法の学習に加えて自然な英語の聞き分けの学習も行うことができます。

しかし、この学習では小学生にとって文法的な学びの手ごたえは少ないでしょう。英語の文法の構造を知識として得るわけではなく、なんとなく身に付けていくことになります。

 

これらの二つの方法は、いずれかを選ばなければならないのではなく、それぞれのデメリットを補い合う補完的な関係にあります。

正しい文法を身に付けるためには英語の文法ドリルなどをつかって知識的に学んでいくと同時に、CDなどの音声英語教材を聞いて、感覚的にも英語の文法構造を理解していく必要があるでしょう。

 

 

文法を学ぶのにおすすめの方法

以上のことから、小学生が英語の文法を学ぶ際には、ドリルなどの教材を使った方法CDなどの音声英語教材をつかった方法の両方を行う必要があると筆者は考えています。

ここからは、おすすめのドリル教材とCD教材、さらに、英会話教室でも採用されているおすすめの文法の学び方を紹介します。

 

①おすすめのドリル教材

「小学生の英語ドリル(1~4巻)」学研教育出版

 

このドリルをおすすめするポイントは、1~4巻の学習内容が明確に分けられていることです。

まず、1巻ではアルファベットや単語の発音について学びます。

アルファベットについては小学校3年生からの国語の授業でも学習しますが、積極的に使わないとなかなか使いこなせるようにはなりません。

このドリルの1巻はアルファベットを通して、小学校3年生から英語を学習することの入り口に立たせることができます。

 

そして、ドリルの2巻と3巻では英単語について学習することができます。

ドリルの1巻で学んだアルファベットを使って、中学校1年生程度の英単語を網羅的に学習することが可能です。

最後に、ドリルの4巻ではbe動詞や一般動詞など英語の基本的な文法について学ぶことができます。

 

いずれのドリルも内容に対応するCD付きで、音声とともに英語を学習することができるため、読む、書く、聞くの3つを同時に学習することが可能です。

以上のように、このドリルは英語の文法について年齢に応じて段階的に学習することができるため、小学校の学習に応じたおすすめのシリーズです。

 

 

②おすすめの音声英語教材

「HAPPY ENGLISH」

 

「HAPPY ENGLISH」はネイティブスピーカーによる英語の文章を聞くことを通して英語を学習する教材です。

3冊のブックレットに各4枚のCDと無料の対応テキストがついています。

 

この教材が文法を学習するのに適している点は、英語の文章を繰り返し聞くことを通して学習できるからです。

音声で使われている英文はかんたんな文章で構成されているため、小学生にとっても難易度は高くありません。

 

加えて、音声はゆっくりした英語と通常の速さの英語の順に流れます。そのため、英文の構造について感覚的に気付くことができるでしょう。

なお「HAPPY ENGLISH」についてはこちらのページでも紹介しています。他の音声を使った英語教材と合わせてご参照ください。

 

 

 

③おすすめの学習

「カランメソッド」

 

最後にご紹介するのは教材ではなく、英語の文法の学習方法です。

「カランメソッド」は会話を繰り返す中で英語を学ぶ、イギリスで開発された学習メソッドです。

日本でもQQEnglishなど、いくつかの英会話学校が採用しています。

 

「カランメソッド」では、講師が英語で尋ねる質問に対してひたすら英語で答えていきます。

答える際には「できるだけ素早く答えること」「短縮形かつフルセンテンスで答えること」の二つの条件をクリアする必要があります。

 

例えば、以下のようになります。

※T:Teacher(講師) S:Student(生徒)

T 「Is this my pen?」

S 「Yes, this is your pen.」

T 「Is this your pen?」

S 「No, this isn’t my pen. It’s your pen.」

 

こうした簡単な質問形式の会話をひたすら反復していきます。

講師は質問につまってしまわないよう手持ちの台本に沿って、持ち物やテキストを指し示しながら次々に質問を出していきます。

 

この英語学習メソッドで得られる文法的な学びは、正しい英語の形を知ることができることです。

上の例文からもわかるように、フルセンテンスで答えなければいけないため、英語の形がしっかりと入ってきます。

be動詞の質問はbe動詞で答え、Doで聞かれたら一般動詞で答えるなど反復の中で学んでいくことができます。

 

このメソッドでは学習がすすむにつれ、簡単な英文から比較系や完了形を扱った英文へと、少しずつ難易度が増していきます。

小学校の段階ですべてを学ぶことはむずかしいですが、英語の文法を網羅できるメソッドになっています。

 

ただし、講師は台本の通り質問を繰り返してくるので、機械的になってしまうことは否めません。

だからこそ文法の形を学ぶのには適しているのですが、やや訓練的な学習メソッドであることには留意が必要です。

 

そのため、この学習メソッドを採用しているQQEnglishでも、対象を中学生以上としています。

しかし、せっかくの会話を通した英語学習メソッドであるので、筆者は小学生のうちからカランメソッドに触れることをおすすめします。

 

QQEnglishのについてはこちらのページでも紹介しています。

 

 

 

まとめ

英語の文法を正しく学習するための3つの方法を紹介しました。

世界では多くの人が日常の中で英語をつかって生活しています。しかし、その全員が文法的に正しい英語をつかっているとは限りません。

これから英語をつかって生活したり仕事をしたりする機会が増える子どもたちには、ぜひ正しい文法で、美しい英語をつかって社会に飛び出していってほしいと思います。

そうして、子どもたちには本当の意味で英語を理解し、国境を隔ててお互いを理解し合ってほしいと願っています。

 

Summary
美しい英語を身に付けたい! 小学生が文法を覚えるためのおすすめの方法
Article Name
美しい英語を身に付けたい! 小学生が文法を覚えるためのおすすめの方法
Description
2020年から小学校で英語の授業がはじまります。外国との距離が短くなるにつれ、日本の英語力は長年の課題でもありました。 これからの未来を担う子どもたちは、ますます英語を必要とすることでしょう。 そうした社会の中で、より美しい英語を子どもたちには身につけてほしいと思いませんか? ここでは文法的に美しい英語を子どもたちに学ばせるべく、そのおすすめの教材や学習方法について考えます。
Author
Publisher Name
学びのブログ
The following two tabs change content below.

moto

小学校で教諭として長年勤務した経験を持つ。教員時代には特に、生徒指導と情報教育に関する研究を深め、それぞれの研究実践について、講演経験を持つ。また、勤務した小学校には、英語教育や道徳教育について新学習指導要領施行前に実践していた学校が含まれ、英語教育についての実践経験も持ち合わせる。現在は海外の教育について研鑽を深めるため、各国の教育方法等に関して研究をしている。
READ  小学校で英語が始まる 家庭でできる英語学習アプリ5選!