【小学校教諭がこっそり教える】小学校英語必修化と英語の授業内容とは?

2020年度 小学校で始まる英語科

「2020年度から小学校で英語が教科になります。」こんなことが少し前に決まりました。2020年といえば、あと2年です。「2年後、うちの子は1年生だ。」「うちの子は3年生だけど2年後に何か変わるの?」「うちの子は小学校で英語の授業があるけど、以前から小学校で英語は必修だったのでは?」昨年まで小学校で教員として英語教育に携わっていた筆者が疑問にお答えし、2年後の教科化に向けて変わる小学校の英語の授業について紹介します。

 

小学校の英語の授業って前からあるけど?

「そもそも以前から小学校で英語は必修だったのでは?」こんな風に疑問に思う方はたくさんおられるかと思います。たしかに、多くの小学校で英語の授業は実施されています。しかし結論からお伝えすると、現在すべての小学校で英語が必修となってはいません。実はこれまで小学校で行っていた英語学習とは英語という科目ではなく、例えば「総合的な学習の時間」や「学級活動」のなかで英語を学習していたにすぎないのです。

2020年からは5年生と6年生では「英語」という教科が新設されます。3年生と4年生では英語は教科にはなりませんが、英語を「総合的な学習の時間」や「学級活動」などの授業の中で学習しなければならない必修という扱いになります。つまり、2020年から3年生以上では必ず英語を学習することになります。

さらに英語が教科になるという5年生では、文部科学省から教科書が支給され、通知表に成績がつきます。簡単にいうと国語や算数と同じ並びに加わるということです。小学校の教育が大きく変わる時期であると言えます。

 

小学校の英語ってどんな授業

では小学校の英語はどのようなものが想定されているのでしょうか。ここでは英語教育を先行実施している小学校の英語の授業をご紹介します。小学校の英語の授業は現状、次のような実践がすすめられています。

1.あいさつ

2.ゲーム

3.歌

4.チャンツ

5.読み聞かせ

 

  1. あいさつ
    読んで字の如く、英語をつかったあいさつです。ただ「Good morning.」とあいさつするだけでなく「How are you?」や「How’s the weather?」、「What day is it today?」などあいさつに付随するやり取りも行われています。そうしたやり取りのなかで、小学生があいさつに関連する英語の単語や答え方を学んでいくのです。
  2. ゲーム
    これが英語学習の中心となります。例えば、「友だち同士で英語をつかって朝ごはんを聞きあう」というようなゲームが設定されます。このゲームを円滑に行うために必要な英語の単語や、やり取りを小学生は③歌や④チャンツ、⑤読み聞かせなどで主に学びます。

  3. 例えば、2.で「友だち同士で英語をつかって朝ごはんを聞きあう」というゲームが設定されていたならば、朝ごはんのメニュー(Breadやsoupなど)が歌詞に出てくるような歌を使って耳慣れをします。歌詞の中でリズムにのって英語の単語が出てくるので小学生はあっという間に英語の単語を覚えていきます。
  4. チャンツ
    チャンツとは英語の単語ではなく、リズムに合わせて構文を覚える方法です。例えば。「What did you have in breakfast?(朝ごはん何食べた?)」、「I had breads and soup.」「And you?」というようなやり取りを四拍子のリズムにのせて覚えるのです。この時、教員はタンバリンなど、リズムをとれる小道具を使うことが多いです。こうすることで、ゲームで使う英語の単語や表現を小学生でもわかるように、耳や口に慣らしていきます。
  5. 読み聞かせ
    英語の絵本の読み聞かせも行われます。絵本の内容もやはり、ゲームに関連する英語の単語や表現が使われているものを使います。ここで例示している朝ごはんであれば、絵本の中で登場人物が朝ごはんを紹介するような絵本が使われるでしょう。

以上の五つのような活動が各英語の授業の時間に設定され、小学生が英語で学習をすすめていきます。これが、現状考えられている小学校での英語の授業です。

 

では将来は小学生も英語がペラペラに?

そんな期待を抱かれている方もおられるかと思います。しかし、文部科学省は現状、小学生にそこまでを求めてはいません。2020年度に施行される新学習指導要領を見ると英語科の目標は5、6年生で次のように書かれています。

 

「外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方を働かせ、外国語による聞くこと、読むこと、話すこと、書くことの言語活動を通して、コミュニケーションを図る基礎となる素質・能力を育成することを目指す。」

 

簡単にまとめると、①英語に慣れ親しむこと、②目的や状況に応じたコミュニケーションをすること、この二つを大きな目標にしています。つまり、基礎的な英語の技能を身に付けようとはしますが、流暢に英語を話すことを目指してはいません。さらに、英語をきっかけにして、ふさわしいコミュニケーションの方法(例えば、相手目線に立ってわかりやすく伝えることなど)を身に付けることを目標としています。

 

小学校の英語で考えられている授業はこうした目標に基いて設計されているため、小学生がたくさんの英語の単語を覚えて、すらすらと英語を話すような姿を目指しているわけではなさそうです。

 

英語にも通知表に成績がつくの?

英語が教科になるということは、英語科も通知表に成績がつきます。さらに踏み込んだ話をすると、小学校の英語の成績が中学受験にも影響する可能性も否定できません。しかし、成績については各自治体や小学校現場は暗中模索中のようです。果たして算数や国語のように数字で成績をつけるのか、それとも総合的学習の時間のように、文章(所見)で成績をつけるのか、議論されているところです。

 

ちなみに筆者は昨年、英語の成績は文章でつけました。英語の授業で学習した内容と、その様子を文章で書き、成績として保護者に通知しました。この数字か文章でつけるのかについては、各自治体の裁量で分かれます。

まとめ

2020年度から始まる小学校の英語について少しイメージを持っていただけたでしょうか。特に筆者がお伝えしたい点は、小学校で英語が必修になったからと言って、小学生がたくさんの英語の単語を覚えたり、ペラペラになったりはしないということです。文部科学省もそれを目標にはしていません。

授業の流れでご紹介したように、小学校の英語では、ゲームや歌を通して、小学生に繰り返し英語を聞かせたり、話させたりすることに重点をおいています。そうした活動で英語に慣れ親しみ、基本的な技能を身に付けて、中学校以降の英語の学習の土台にし、さらに英語の力を深めていこうとするのが、2020年から始まる小学校の英語の姿といえます。

 

Summary
小学校英語が必修化 どんな英語の授業が始まるの?
Article Name
小学校英語が必修化 どんな英語の授業が始まるの?
Description
「2020年度から小学校で英語が教科になります。」こんなことが少し前に決まりました。2020年といえば、あと2年です。「2年後、うちの子は1年生だ。」「うちの子は3年生だけど2年後に何か変わるの?」「うちの子は小学校で英語の授業があるけど、以前から小学校で英語は必修だったのでは?」昨年まで小学校で教員として英語教育に携わっていた筆者が疑問にお答えし、2年後の教科化に向けて変わる小学校の英語の授業について紹介します。
Author
Publisher Name
学びのブログ
The following two tabs change content below.

moto

小学校で教諭として長年勤務した経験を持つ。教員時代には特に、生徒指導と情報教育に関する研究を深め、それぞれの研究実践について、講演経験を持つ。また、勤務した小学校には、英語教育や道徳教育について新学習指導要領施行前に実践していた学校が含まれ、英語教育についての実践経験も持ち合わせる。現在は海外の教育について研鑽を深めるため、各国の教育方法等に関して研究をしている。
READ  小学校で英語が始まる 家庭でできる英語学習アプリ5選!