うちの子はもう遅い? 子ども向け英語学習の始め方

 

2020年以降、英語の授業は小学校3年生から必修になります。

近年、英語を学習する年齢はますます低くなってきています。かつては中学校から始まっていた英語ですが、社会のグローバル化がすすむにつれ、今後さらに低年齢化していくことでしょう。

 

そんな中、まわりの家庭が英会話教室などに通い出し、「いつから始めるのが良いのか」とあせっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あせらなくても大丈夫です。英語を学ぶのに遅いも早いもないのです。

 

今日は小学校教員経験がある筆者が、子どもの発達段階に応じた英語学習の始め方を解説します。

 

英語学習の低年齢化

 

冒頭でも述べたように、社会のグローバル化にともない、英語学習の始まる年齢がどんどん低くなってきています。

いったいいつから英語学習を始めることが子どもたちにとって良い勉強につながるのでしょうか。

 

実は、いつから始めるのが良いということに答えはないのです。

なぜなら、大人になってから英語を勉強し始めて、英語を流暢に使いこなせるようになる人もいれば、乳児期から英語に触れていたにも関わらず、一向に英語を話せない人もいます。

 

これは英語を勉強する方法が誤っているためです。大人の英語の勉強方法と子どもの英語の勉強方法が異なるように、子どもの中でもそれぞれの年齢に応じた英語の勉強のしかたがあるのです。

つまり、「いつから」が大切なのではなく、子どもの年齢に合わせて「どのように」勉強を始めるかで、その後の英語の理解度や習得度が異なってきます。

 

ここでは、それぞれの年齢に合わせた英語の勉強の始め方や方法を解説いたします。

 

 

パパ・ママと話し始めてからの英語学習

 

最初に断っておきたいのですが、英語を第二言語(母国語とは別の言語)として習得させたいのならば、3歳頃までは英語を始めるべきではありません。

言語の習得には臨界期と言われる言語習得に最も適した時期が存在し、3歳頃までは母国語の臨界期であるといわれています。

一方、第二言語の臨界期は3歳から11歳頃までと言われています。

 

つまり、3歳頃までは母国語で話しかけたり会話したりすることを大切にし、その後、第二言語にも少しずつ触れさせるのがおすすめです。

こうした理由から、パパやママと話し始めてからの英語学習とは、おおよそ3歳を過ぎ、日本語を少しずつ話し始めてからの英語学習だと考えてください。

3~4歳頃になると、日本語で3語程度の文章を話すようになり、母国語がかなり形成されてきています。

 

この頃の子どもは、興味が自分のことから外の世界へと向いていきます。そのため、好きなものや嫌いなものがはっきりしてくるでしょう。

この時期は、知的好奇心をくすぐるのによいと考えられています。また、数の概念も習得し始め、数を数えることや順番というものを理解できるようになってきます。

 

ぜひ、この時期の英語学習では、とにかくいろいろなことに触れさせてあげましょう。

とはいえ、言語の発達段階的には、まだ会話などにはあまりこだわらない方が良さそうです。この時期は、CDなど音声英語教材を使った英語学習をおすすめします。

歌やリズムに合わせて英語を聞くことで、子どもも音楽とともに英語に興味を持ち始めるでしょう。遊び感覚で英語のリズムに自然と慣れさせていくことが大切です。

 

また、日本語の絵本の読み聞かせと同様、英語の絵本の読み聞かせにも興味を持ち始めるころです。

内容はあまり複雑ではなく、動物の名前と鳴き声を紹介した本や、数をあつかったような内容の本が良いでしょう。

 

おすすめのCDを使った音声英語教材については、こちらのページでも紹介しています。

 

 

 

知的好奇心が湧き出している頃ですので、様々な内容の英語の歌や本にたくさん触れさせてあげましょう。

ただし、好き嫌いがはっきりしている時期でもあるので、英語に全く興味をもたない子もいます。

そのような場合は強制するのではなく、個性に合わせて好きな方法や内容の英語教材をさがしてあげてください。

 

 

就学前の英語学習

ここからは、小学校に入学する前の子ども向けの英語学習です。

この頃になると、おそらくほとんどの子どもが幼稚園や保育園に通っていると思います。そこで身に付けるのは社会性です。

興味や関心が他人へと向くようになり、一人遊びだった子どもたちが特定の仲の良い友達と遊ぶようになってきます。

 

会話力も向上し、相手の話を聞いて受け答えができるようになってきます。また、自分のことを自分でしたがるなど自立心も芽生え始めます。

英語の学習においても会話の段階にうつれる頃です。

英語の歌や本であっても、動物の名前や数をあつかった内容のものから、挨拶や受け答えなどの内容をあつかったものへと移行し始めるとよいでしょう。

 

また、幼児向け英会話教室などに通うのも一つの方法です。

英会話教室での学習の中で、普段日本語でしている会話を英語ですることは、子どもにとって最高の刺激になるでしょう。

幼児向け英会話教室では、友達といっしょに遊びやゲームを通して英語を学びます。友達との関係の中で英語を学ぶのに適した年頃です。

 

就学前の子どもでも通えるような英会話教室については、こちらのページでも紹介しています。

お住まいの近くの英会話教室も、一度、見学などに行ってみてください。

 

 

 

小学校低学年の英語学習

Photo credit a href=httpsvisualhunt.comauthor21d0f8Lyn Lomasia on a href=httpsvisualhunt.comre126660Visualhunt.coma a href=httpcreativecommons.orglicensesby2.0 CC BYa

 

小学校に入学し、子どもたちの世界がますます広がってきています。

話す力は小学校入学とともに各段に向上し、会話力とともに説明する力がついてきます。

自分のことを説明するために3つくらいの文章を駆使して話すことができるようになります。

 

また、小学校の学習の内容として、具体物による学習から抽象的な思考をできるようになってきます。

例えば、算数ではたし算やひき算を数図ブロックという目に見えるブロックを使って学習します。これが具体物による学習です。

その後、プリント上にたし算やひき算の式を書いて学習します。この式が、目の前には具体物が存在しない抽象的な思考です。

 

英語学習においても、話す力の向上と、抽象的な思考を有効に生かした学習内容に移行できます。

英会話教室などでは、これまでの英語での遊びを通した学習内容から、より発展的な会話の学習ができるでしょう。

ぜひ、お父さんやお母さんとかんたんな英語でやり取りするなど、お家でも英語を使わせてみて、たくさんほめてあげてください。

 

英会話教室は講師と顔を合わせるので、子どもの緊張感もやわらぎ、小さな子どもでも通うことができます。

さらに小学校低学年くらいになると顔を合わせないオンライン英会話教室も受講することができるでしょう。

その中でさらに英語で会話する力、説明する力を磨いていってください。

 

最近ではオンライン英会話教室は数多く開かれています。こちらでもそれらの特徴やおすすめを紹介していますので、一度ご参照ください。

 

 

 

また、抽象的思考の発達とともに、ドリルやテキストを使って英語を学習することができるようになってきます。

アルファベットは小学校3年生からあつかえるようになりますが、興味があるようなら、ぜひ英語やアルファベットを書く練習もさせてみてください。

遊び感覚でどんどんすすめていくことと思います。

 

 

中学校に上がる前の英語学習

 

いよいよ中学校からは英語の文法など英語の学習が本格的に始まります。

中学校の英語で最初につまずいてしまい、そのまま英語嫌いになっていく中学1年生は少なからずいます。

そうならないために、中学校に上がる前の段階、小学校5~6年生の英語学習として、少しずつ文法的内容にも触れさせるようにしてあげてください。

 

ただし、ここで注意が必要なのは、いきなりドリルやテキストを使って英語に触れさせるのではなく、会話や音声など日常に近い形で英語をはじめてください。

ドリルやテキストなどを使って英語を始めては、結局、中学校の内容を前倒ししているにすぎません。

英会話教室やオンライン英会話学習など会話の中で英語に触れさせた方が、子どもにとっても英語を話すという意欲をくすぐられ、英語を学ぶことに積極的に向かいやすくなります。

ドリルやテキストなどを使った文法的内容の学習は、それと並行して行うのが良いでしょう。

 

小学生でも学べる英語のドリルやテキストのページは、こちらでも紹介しています。先ほどのオンライン英会話教室と合わせて、お子さんに合うテキストや教室をさがしてあげてください。

 

 

 

まとめ

 

今回は、小学校までの英語学習の始め方を、年齢に応じてご紹介しました。

今後、小学校で英語が始まるなど、早い段階から英語を学ぶ必要があるように思われます。しかし、大切なのはあせりすぎないことです。英語を学ばせなければならないと思い、子どもにとってむずかしいことをさせると、子どもはだんだん意欲を失います。

英語学習をいつから始めようとも、子どもに自信をつけさせ、次の意欲につなげられるように、子どもに合わせた内容の英語学習を用意してあげてください。

 

Summary
うちの子はもう遅い? 子ども向け英語学習の始め方
Article Name
うちの子はもう遅い? 子ども向け英語学習の始め方
Description
2020年以降、英語の授業は小学校3年生から必修になります。近年、英語を学習する年齢はますます低くなってきています。かつては中学校から始まっていた英語ですが、社会のグローバル化がすすむにつれ、今後さらに低年齢化していくことでしょう。 そんな中、まわりの家庭が英会話教室などに通い出し、「いつから始めるのが良いのか」とあせっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 あせらなくても大丈夫です。英語を学ぶのに遅いも早いもないのです。今日は小学校教員経験がある筆者が、子どもの発達段階に応じた英語学習の始め方を解説します。
Author
Publisher Name
学びのブログ
The following two tabs change content below.

moto

小学校で教諭として長年勤務した経験を持つ。教員時代には特に、生徒指導と情報教育に関する研究を深め、それぞれの研究実践について、講演経験を持つ。また、勤務した小学校には、英語教育や道徳教育について新学習指導要領施行前に実践していた学校が含まれ、英語教育についての実践経験も持ち合わせる。現在は海外の教育について研鑽を深めるため、各国の教育方法等に関して研究をしている。
READ  小さいころから始めた方が良いの?英会話教室の選び方とおすすめの教室