小さいころから始めた方が良いの?英会話教室の選び方とおすすめの教室

Photo credit: 143d Sustainment Command (Expeditionary) on VisualHunt / CC BY

 

小学校の授業で英語があつかわれるようになる2020年まで残りわずかです。

筆者は昨年まで小学校で英語教育に携わってきました。現在、小学校の先生は子どもたちに英語をどのように学ばせるのか模索しています。

ご家庭ではどうでしょうか。英会話教室に通わせる家庭や、英語の音楽を聞かせている家庭など様々です。

しかし、英会話教室に通わせることが、これからの時代を生き抜く英語力につながるのでしょうか。

ここでは、英会話教室で学べることや、おすすめの英会話教室についてご紹介します。

 

 

英会話教室とは

 

英語を学ぶための方法は様々あります。テレビ電話を使った英会話学習や、英語塾、映画や音楽を英語で聞くことだって、立派な英語の学習です。

ここでご紹介する英会話教室とは、子どもたちが教室に行き、講師と子どもが顔を合わせて英語を学ぶ通塾型の英語教室を指します。

 

 

英会話教室で学べること

 

英会話教室では、コミュニケーションとしての英語と、子どもたちの発達段階に合わせた英語を学ぶことができます。

これまでの中学校で行われてきた英語は、文法に偏重した、いわば受験のための英語でした。そのため、話すことや聞くことよりも、読むことや書くことに重きが置かれてきました。

 

しかし、これでは英語をコミュニケーションの手段として使っていくことはできません。

そこから脱却するために、小学校の英語学習では、話すことと聞くことを中心に据えながらカリキュラムが組まれています。

そして、多くの英会話教室では英語が堪能な講師のもと、生徒が対話を繰り返す中で、英語での話し方や聞き方、発音の仕方について学ぶことができます。

つまり、英会話教室で学ぶことと、現在の小学校の英語が教科として目指していることは同じなのです。

筆者はここに英会話教室に通う意義があると考えています。

 

英語は言語でありコミュニケーションです。生きたコミュニケーション無しに文法を学ぶだけでは、英語を言語として学んでいることにはなりません。

小学校の先生は教育のプロであっても、英語のプロではありません。英語での生きたコミュニケーションを学ぶためには、英会話教室の講師のような英語のプロから学ぶ必要があるでしょう。

 

また、言語はそれぞれの発達段階に応じて訓練されるべきだと考えられています。

一般的に、3歳までは母語を定着させる時期とし、11歳頃までが第二言語を学ぶことに適した時期だと言われています。

多くの英会話教室では年齢に応じたクラス分けがされ、子どもたちに適した英語の学習が行われています。

例えば、3歳頃には英語の歌を使って学習し、5歳頃には本を使い、7歳頃から会話を伴うクイズを使って学習するように、発達段階に合わせた英語の授業を受けることができます。

 

このように、英会話教室ではコミュニケーションの中で生きた英語を学ぶことと、子どもの年齢にふさわしい英語教育を受けることができるのです。

 

 

どんな英会話教室を選べば良いか

 

以上のようなことを英会話教室で学ぶことができると言っても、すべての英会話教室がその条件を揃えているわけではありません。

では、英会話教室はどのように選べば良いのでしょうか。

 

①生きた英語をコミュニケーションの中で学ぶことができるか

まずは一つ目の条件です。そもそも生きた英語とはどのようなものでしょう。

筆者が考える生きた英語とは、日常の会話の中で自然と出てくるあいさつや受け答えのことです。決められたあいさつのセリフや構文を英語で学び、それを授業の中で発音するだけでは、生きた英語を学んでいるとは言えません。

 

そこで、英会話教室を選ぶ時には講師の言葉やレッスンのすすめ方に着目してみてください。

外国人講師を採用している英会話教室は、レッスン中も英語で指示が出されています。指示の言葉が英語であると、子どもたちは英語の意味を推測し、少しずつ英語を理解するようになっていきます。

 

外国人講師でなくとも、日本人講師でも同じことです。例えば「英語でうたをうたいましょう。」ではなく、「Let’s sing a song in English!」などです。

日本人であっても英語を使っている英会話教室がいいでしょう。

 

②発達段階に合わせた英語教育を受けられるか

次に英会話教室でみるべきポイントは、子どもの年齢に合わせた英語教育を受けられるかということです。

英語は言語なので、第二外国語として学ぶ以上、順序があります。いくら早く学ばせたい、流暢に話させたいからと言ってあせってはいけません。年齢に応じたふさわしい学習方法とふさわしい内容があります。

そこで英会話教室を選ぶ時には、年齢分けコースがあるか、また年齢に応じて学習方法は適切に変えられているかを見ると良いでしょう。

 

具体的には、

・3~4歳児…歌やクイズ

・5~6歳児…ゲームを通した話すことの学習

・小学校低学年…本やアルファベットを使った読むことの学習

・小学校高学年…簡単な作文などを書くことを通した書くことの学習

というように、段階に応じて、系統立ててカリキュラムが組まれていると良いでしょう。

 

英会話教室を選ぶ際にはこれらのようなポイントを意識し、その中でお子さんにあった英会話教室を選ぶと良いでしょう。

次はその中でも特におすすめの英会話教室についてご紹介します。

 

 

おすすめの英会話教室

 

ここまで、英会話教室の特徴について解説してきました。

ここからは、これまで述べてきたような点や選ぶべき英会話教室のポイントを踏まえて、筆者おすすめの英会話をご紹介します。

 

 

子ども英会話 PEPPY KIDS CLUB



対象年齢 : 1歳(親子教室)~高校生

金額   : 3,500円~9,800円

※教室による

 

まずおすすめする英会話教室は、子ども英会話 PEPPY KIDS CLUBです。

この英会話教室の最も良いところは、日本人講師と外国人講師の分担制になっているところです。

基本的な学習は日本人講師が行います。外国人講師は月に1回、中心となって講師を行います。

 

つまり、日常的に日本人講師から学んだことを外国人講師の授業で腕試しするのです。

子どもたちにとっても、やはり外国人講師と接するのには緊張感があります。英語を生活言語として使っている講師は細かな発声や発音が違います。

そうした外国人講師から英語を学ぶため、月に1回の目標に向かって子どもたちは日常の学習に取り組むのです。

 

また、日常の日本人講師の学習も質の高い学習になっています。

英語の歌やクイズ、本を通して学習はすすめられますが、英語が堪能な日本人講師の下、会話のほとんどが英語で行われています。

英語の歌やクイズを心から楽しんでいる様子を見ても、日本人講師の学習の進め方のうまさがわかります。

 

まとめ

英会話教室の特徴と選び方、おすすめの教室について解説しました。

子どもたちが通い、顔と顔を合わせて学ぶ英会話教室だからこそ、お父さんお母さんにはよく考えて英会話教室を選んであげてほしいと思います。もちろん、学習の内容だけでなく、子どもが「英会話教室に行って楽しい。」「英語っておもしろい。」と思えることも大切です。

 

多くの英会話教室では体験入学などを行っています。ぜひ、一度参加されてみてはいかがでしょうか。

Summary
小さいころから始めた方が良いの?英会話教室の選び方とおすすめの教室
Article Name
小さいころから始めた方が良いの?英会話教室の選び方とおすすめの教室
Description
小学校の授業で英語があつかわれるようになる2020年まで残りわずかです。筆者は昨年まで小学校で英語教育に携わってきました。現在、小学校の先生は子どもたちに英語をどのように学ばせるのか模索しています。ご家庭ではどうでしょうか。英会話教室に通わせる家庭や、英語の音楽を聞かせている家庭など様々です。しかし、英会話教室に通わせることが、これからの時代を生き抜く英語力につながるのでしょうか。 ここでは、英会話教室で学べることやおすすめの英会話教室についてご紹介します。
Author
Publisher Name
学びのブログ
The following two tabs change content below.

moto

小学校で教諭として長年勤務した経験を持つ。教員時代には特に、生徒指導と情報教育に関する研究を深め、それぞれの研究実践について、講演経験を持つ。また、勤務した小学校には、英語教育や道徳教育について新学習指導要領施行前に実践していた学校が含まれ、英語教育についての実践経験も持ち合わせる。現在は海外の教育について研鑽を深めるため、各国の教育方法等に関して研究をしている。
READ  小学生向け英語教室とは わが子にあったおすすめの英語学習とは