小学校で英語が始まる 学校現場の課題とは

小学校で英語が始まる。学校の先生の本音

2020年度から小学校でも英語の授業が必修となります。筆者は昨年まで小学校で教員として勤務し、学習指導要領改訂に先んじて英語の授業を行ってきました。現在、多くの小学校の先生たちは、所属する自治体や学校から英語の教え方に関する研修を受け、英語のゲームの仕方や教材の使い方を学んで準備をすすめています。

しかし、筆者の頭の片隅には「子どもたちに英語の力をつけられているのだろうか。」という思いがありました。新しい取り組みは子どもたちにとっても大変ですが、先生たちも同じ思いをもっています。今回は、小学校で始まる英語の授業について紹介し、学校現場が抱える課題について考えたいと思います。

なぜ、小学校から英語の授業をするのか?

小学校で英語をすると、世間からはこんな声が聞こえてきます。「日本語もしっかり学んでいない小学生に英語を教えたところで意味がない。」「もっと国語をした方が良い!」たしかに、小学生の日本語は完璧とは言えないでしょう。それに子どもたちは中学校から英語の授業を毎日受けることになります。

小学校から英語を学ぶ必要はないという意見も一理あるように思われます。しかし、中学校から6年間、英語の授業を毎日受けた結果、英語を使ってコミュニケーションをとれる大人がどれだけいるでしょうか。

おそらく、そう多くはいないはずです。つまり、現状の英語教育を中学校から6年間続けたところで、英語を使う力には結びついていないのです。ではなぜ、英語を使う力に結びつかないのでしょう。それを考えるヒントの一つに言語の臨界期というものがあります。

言語の臨界期とは

言語には、母国語と第二言語のそれぞれで習得にふさわしい時期(臨界期)が存在していると考えられています。諸説ありますが、母国語の臨界期は3歳頃まで、第二言語の臨界期は11歳頃までと言われています。11歳頃までならば、第二言語であっても、聞いた音声をそのまま自分で発音できるくらいに、聴覚が柔らかいのです。

「Thank you.」を例に考えてみましょう。これまでの英語教育では、「【Th】の発音は舌を軽く噛みながら息を吹き出すようにして発音します。」と先生は教えてきました。おそらく多くの大人はそのように説明されれば、正しい発音ができます。しかし、子どもはちがいます。子どもの耳は柔らかく、そのような説明をしなくても、正しい「Thank you.」の音を聞いただけで、まねをして発音することができるのです。

このように細かな音の聞き分けができる限界が11歳頃までと言われています。つまり英語力、とりわけ聞き取りや発音を正しく習得するためには、11歳頃(小学校の高学年頃)までにたくさんの正しい英語に触れ、聞き取る力や発声する力を伸ばすことが必要なのです。

小学校で英語をする課題とは

以上のような考えから、小学校の先生には小学生に正しい発音でたくさんの英語に触れさせることが求められているのです。しかし、小学校の先生は正しい発音で英語を話すことができるでしょうか。何を隠そう、以前小学校で英語を教えていた筆者には、英語を正しく発音する力はありません。

「舌を軽く噛みながら息を・・・。」そんなことを考えもせず、「サンキュー」とジャパニーズイングリッシュで授業をしていました。現在の小学校の先生の英語の教え方では、英語を聞き取る力や発音する力を学ぶべき小学生に、正しい英語を聞かせることができません。ここに、小学校で英語を授業する現場に大きな課題があるのです。

平成29年度に文部科学省が英語教育実施状況調査を行いました。その調査によると、全国の公立小学校の5、6年生の学級の内、約91.9%が英語の授業を実施しています。その内の約91.9%が担任の先生による英語の授業でした。つまり、ごくふつうの先生たちが英語の授業の大部分を担っているのです。

では、その中で英語が堪能、あるいは英語を専門とする先生はどのくらいいるのでしょうか。全国の小学校の先生の内、中学校、または高等学校の英語の免許を有している小学校の先生は、全体の約5.4%に過ぎません。また、留学を経験した先生も全体の約5.5%です。こうした現状の中で、小学校で正しい発音を基にした英語の授業が行われるでしょうか。

答えは「No」、いや「ノー」と言わざるを得ません。

解決策はないの?

こうした現状を文科省も放置しているわけではありません。その解決策として、「英語専科教員の設置」と「ALTの活用」が挙げられています。

英語専科教員とは、小学校で担任は持たず、英語を専門として各学級で英語の授業を行う先生のことです。中学校の英語の教科担当の先生を想像してもらうとわかりやすいと思います。小学校が英語専科教員を設置することで、英語を得意とする数少ない小学校の先生が、より多くの学級で英語の授業をすることができます。

もう一つのALTとは「Assistant Language Teacher」の略で外国語指導助手のことです。つまり外国人の英語の先生です。ALTは英語を母国語としているため、小学生はネイティブの英語を通して、正しい聞き取りと発音を身に付けることができます。

文科省は、今後こうした英語を専門とする教員がさらに小学校の英語の授業を担当できるように対策をたてています。各自治体では、英語の授業の教え方に関する研修だけでなく、小学校教員の英語力を強化するためにTOEICの受験支援や、夏休みを活用して海外への短期語学留学を支援しています。また、中学校の英語科の教員が小学校の英語の授業を担当できるような人事交流を行っている自治体もあります。

このような対策の中で英語を得意とする教員が増え、より多くの子どもたちが充実した英語の授業を受けることになるでしょう。それはこれからのグローバル社会を生き抜く、未来を担う力を子どもたちにつけさせることにつながるだろうと筆者は考えています。

まとめ

小学校で始まる英語教育の課題と、文科省および各自治体が講じている対策についてご理解いただけたでしょうか。こうした課題はありますが、その上で筆者は小学生に英語を積極的に学ばせるべきだと考えています。筆者が小学校で英語の授業をしていて、小学生が英語や、英語を使ったコミュニケーションを心から楽しんでいるように感じました。英語の教材を眺めながら英語を聞き取ろうとする姿や、英語のゲームで一生懸命発音し、伝え合おうとする姿に小学校の英語教育の可能性を感じました。

これから、小学校の英語も教え方の研究や教員の研修がさらにすすみ、課題は少しずつ解消されていくことでしょう。今後、ますますグローバル化が予想される社会を生き抜く子どもたちを育てていくためにも、現状の課題を理解し、学校と家庭が力を合わせ、補い合って英語教育に取り組んでいくことが必要とされると考えています。

 

Summary
小学校で英語が始まる 学校現場の課題とは
Article Name
小学校で英語が始まる 学校現場の課題とは
Description
2020年度から小学校でも英語の授業が必修となります。筆者は昨年まで小学校で教員として勤務し、学習指導要領改訂に先んじて英語の授業を行ってきました。現在、多くの小学校の先生たちは、所属する自治体や学校から英語の教え方に関する研修を受け、英語のゲームの仕方や教材の使い方を学んで準備をすすめています。 しかし、筆者の頭の片隅には「子どもたちに英語の力をつけられているのだろうか。」という思いがありました。新しい取り組みは子どもたちにとっても大変ですが、先生たちも同じ思いをもっています。今回は、小学校で始まる英語の授業について紹介し、学校現場が抱える課題について考えたいと思います。
Author
Publisher Name
学びのブログ
The following two tabs change content below.

moto

小学校で教諭として長年勤務した経験を持つ。教員時代には特に、生徒指導と情報教育に関する研究を深め、それぞれの研究実践について、講演経験を持つ。また、勤務した小学校には、英語教育や道徳教育について新学習指導要領施行前に実践していた学校が含まれ、英語教育についての実践経験も持ち合わせる。現在は海外の教育について研鑽を深めるため、各国の教育方法等に関して研究をしている。
READ  【小学校教諭がこっそり教える】小学校英語必修化と英語の授業内容とは?