学校だけにまかせておけない 家庭でできる英語学習

 

小学生にも英語力を必要とする社会

2020年度から小学校でも英語が授業として行われるようになり、小学生にも英語力の向上が求められる社会となってきました。しかし、英語を授業として行うだけで、子どもたちの英語力はつくものなのでしょうか。

筆者は昨年まで小学校の教壇に立ち、学習指導要領に先駆けて、英語の授業を行ってきましたが、5年生から週に2回(3、4年生では週に1回)の英語の授業では、英語が音声として定着するにはいたりませんでした。

 

では、本当に子どもたちに英語力を身に付けさせたいのなら、家庭ではどのような勉強をすべきなのでしょう。学校の授業と家庭での勉強がお互いに補いあい、子どもたちにより生きた英語力をつけさせる勉強法を考えてみましょう。

小学校の英語で目指す「話すこと」「聞くこと」

今回の学習指導要領の改訂では英語を「話すこと」と「聞くこと」の学習に比重が置かれています。英語の学習が必修となる3年生と4年生では「話すこと」「聞くこと」のみを取り扱い、英語が教科となる5年生と6年生ではそれに加えて「読むこと」「書くこと」についても取り扱う段階的な英語の導入になっています。

 

そもそもなぜ、英語を「話すこと」「聞くこと」から始めるのでしょうか。

それはこれまでの中学校の英語教育が「読むこと」と「書くこと」を重視し、子どもたちの英語嫌いを助長していたからです。英語の授業と言えば、教科書の英文をノートに書き写し、そこに線を引いて文法についてひたすら勉強する中学校時代を思い出される親世代の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうした「読むこと」「書くこと」に重きを置いた授業から脱却するために、文科省は英語の導入となる小学校の英語の授業では英語をつかったやり取りやゲームを多く行うことを目指しました、そうした活動の中で、小学生が英語を使うことに慣れ親しめるように「話すこと」と「聞くこと」に比重をかけています。筆者がこれまで見てきた小学校の英語の授業でも、英語を読んだり、書いたりするよりも、友達にインタビューしたり、英語を使ったゲームをしたり、子どもたちがどんどん話す、聞く場面が積極的に設けられていました。

 

では、小学校でそうした授業が行われている一方で、家庭ではどのような勉強が必要でしょうか。それは、子どもたちが英語の音声やリズムに慣れることができるように英語をたくさん聞く機会を家庭でもつくってあげることです。英語が教科になる5年生からではなく、日常的に英語を聞き慣れていれば、小学校の授業でも積極的に話すことができます。小学生にふさわしい、英語の勉強方法を二つご紹介します。

 

英語の絵本の読み聞かせ

まず紹介する勉強は英語の絵本を読むことです。「え。英語なんてできないのに。」そう思われるかもしれません。しかしここで大切なのは、ネィティブのような流暢な発音でお子さんに英語を聞かせることではなく、お子さんが日常的に英語にふれることと、英語の意味がなんとなくわかることが大切なのです。

この単語の意味がどうと文法がどうとか事細かに教えると英語が楽しくなくなってしまいます。筆者が挙げるポイントを意識し、お父さんお母さんが子どもに本を読んであげることができれば、絵本を読むことだって楽しみながらできる立派な英語の勉強となるでしょう。

 

ポイントの一つ目は、絵本の中に繰り返し同じセンテンス(セリフや文章)が出てきていることです。同じセンテンスが繰り返されることで、子どもたちはそのセンテンスを音声で覚えます。覚えていると、子どもたちは口ずさむようになりますし、英語のリズム感も肌で感じていきます。また、絵本には挿絵があるため、文法や単語がわからなくても、なんとなくそのセンテンスの意味が理解できるのです。

 

二つ目は展開が予想しやすいことです。一つ目ともつながってきますが、挿絵からその場面や次の展開を予想することができれば、音で聞いたセンテンスの意味をより理解することができるからです。

 

最後に三つ目は出てくる単語が単純で、かつある程度のまとまりがあることです。例えば、英語で数字がたくさんでてくる絵本や、色の名前、動物の名前など単語のまとまりがある絵本であれば、より良い勉強につながるでしょう。

 

こうした三つのポイントを意識した上で、筆者がおすすめするのは「Five Little Monkeys Jumping On The Bed」という絵本です。

「Five Little Monkeys Jumping On The Bed」では数字が扱われ、かつ繰り返し同じ言葉が出てきます。この他にもすばらしい英語の絵本はたくさんありますのでぜひ一度見てみてください。

 

英語の音楽鑑賞

「絵本の読み聞かせなんて忙しくてできる時間がない。」といったように、子どもたちに絵本を読んであげたくてもなかなかその時間がとれない、そんな親御さんもおられるのではないでしょうか。そんな方のためには英語の音楽がおすすめです。音楽でも闇雲に洋楽を聞かせるのではなく、ポイントを意識すれば小学生の立派な英語の勉強になります。

音楽ではリズムを意識した曲が良いでしょう。英語には日常会話であっても独特のリズムがあります。学校の英語の授業でも、一つのセンテンスをリズムにのせて教えています。(チャンツと言います。)そこで音楽を通して英語の単語のつながり、リズムを意識できるような曲が良いでしょう。

ポイントの二つ目は絵本とも重なりますが、同じ言葉が繰り返されることです。単語を一つ一つ覚えるのではなく、英語のまとまりとして、繰り返し聞くことで覚えられる環境を作ってあげましょう。

そこでおすすめなのはみなさんお馴染みの「Last Christmas」です。この曲では、「Last Christmas. I gave you my heart~」から続くサビ部分が繰り返し流され、小学生にとっても聞き取りやすい音楽になっています。英語の音楽に日常的に慣れていれば、子どもが5年生くらいになると、自分で好きな音楽も探せるようになるでしょう。そうした日常的な環境づくりが大切です。

 

まとめ

今回は小学生でも家庭で簡単にできる英語の勉強方法をご紹介しました。文部科学省が考えているように、小学校では英語に慣れ親しむことが大切であると筆者も考えています。

最初から文法や単語などばかりに目を向けると子どもたちに英語アレルギーを引き起こしかねません。文法などは、中学校からの勉強にまかせ、小学生に対しては「英語のリズムっておもしろいな。」や「絵本で覚えた英語を使えるかな。」などと言った好奇心をくすぐってあげられると良いでしょう。

小学生の時に絵本などで覚えた英語が中学校になった時に明確に意味を理解できるようになると、中学校からの英語の勉強はよりスムーズになります。今回ここでご紹介した絵本や曲はほんの一例にすぎません。ここで挙げたポイントを抑え、子どもたちが楽しんで英語を勉強できるよう、家庭でも工夫してみてください。

Summary
学校だけにまかせておけない 家庭でできる英語学習
Article Name
学校だけにまかせておけない 家庭でできる英語学習
Description
2020年度から小学校でも英語が授業として行われるようになり、小学生にも英語力の向上が求められる社会となってきました。しかし、英語を授業として行うだけで、子どもたちの英語力はつくものなのでしょうか。 筆者は昨年まで小学校の教壇に立ち、学習指導要領に先駆けて、英語の授業を行ってきましたが、5年生から週に2回(3、4年生では週に1回)の英語の授業では、英語が音声として定着するにはいたりませんでした。 では、本当に子どもたちに英語力を身に付けさせたいのなら、家庭ではどのような勉強をすべきなのでしょう。学校の授業と家庭での勉強がお互いに補いあい、子どもたちにより生きた英語力をつけさせる勉強法を考えてみましょう。
Author
Publisher Name
学びのブログ
The following two tabs change content below.

moto

小学校で教諭として長年勤務した経験を持つ。教員時代には特に、生徒指導と情報教育に関する研究を深め、それぞれの研究実践について、講演経験を持つ。また、勤務した小学校には、英語教育や道徳教育について新学習指導要領施行前に実践していた学校が含まれ、英語教育についての実践経験も持ち合わせる。現在は海外の教育について研鑽を深めるため、各国の教育方法等に関して研究をしている。
READ  小学校で英語が始まる 学校現場の課題とは