ついに義務化されるプログラミング。子どもに面白いと感じさせるには?

2020年、新たな学習の始まり

 

2020年より文部科学省の新たな改革の一つとして、小学生のプログラミング学習が必修化されます。

これまで曖昧だった情報系の授業が正式なものとなり、大学受験にまで影響する時代となりました。

 

それに伴い子供向けのプログラミング教室は急増し、習わせたい習い事ランキングでも上位にあがるようになりました。

まさに世の中はプログラミングの時代になったといっても過言ではないでしょう。

同時に、プログラミング学習は多くの親世代が体験してこなかったものでもあります。

果たして子どもがついて行けるのか、面白いと感じるのか、不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、子どもたちがプログラミング学習をしっかり学んでいくために、おすすめの方法をご紹介いたします。

 

そもそもプログラミング学習で得られるメリットとは?

 

まずは、小学校でのプログラミング学習というのは、小難しそうなコードを打てるようになることではないことを理解しておきましょう。

 

学校での指導目的は、あくまで『論理的思考能力』や『創造力』を磨くためのものです。

プログラミングの基本的な考え方には「ルールに従って過不足なく指示を出すこと」や「なるべく抽象化して指示を短くすること」などがあり、これらを日常的に行うことで、プログラミング以外にも役立つ能力が培われるのです。

 

このようなメリットがあるのであれば、子どもにはしっかりとプログラミングを学んでもらいたくなりますよね。

子どもに勉強を続けさせる一番の方法は、なんといってもその勉強が面白いと思わせることです。

ここからは、子どもに興味を持続させるための方法について見ていきたいと思います。

 

なお、プログラミング学習で子どもに起きるメリットとデメリットについては『子どもにプログラミングを教える意味とは?メリットとデメリットを紹介』で詳しく取り上げているので、そちらの記事もぜひ参考になさってください。

 

まずは遊ばせてみる

 

皆さんは子供の頃、勉強を面白いと感じましたか?おそらく多くの人にとって、勉強というのはあまり面白くはなかったのではないかと思います。

実は私もその一人で、正直勉強することは億劫で、親が見ていなければあまりやらないような人間でした。

しかし、遊びであれば何時間でもすることができました。なぜなら、面白かったからです。

 

「面白い」と感じることは、学びの上でも重要なポイントとなります。これは、プログラミング学習においても同じことが言えます。

プログラミング教材というのは数多くありますが、それらと同じくらい楽しみながら学ぶことができるゲームやおもちゃなどもたくさん販売されています。

特に、ブロックやロボットなどを組み立てることは、多くの子どもたちにとって楽しみながらプログラミングを学ぶことにつながります。

まずは、このようなおもちゃからプログラミング学習を始めてみるのがおすすめです。

 

勉強において一番厄介なのが「苦手」と思ってしまうことです。

プログラミングを嫌なことではなく楽しいことと思わせることができれば、より自発的にプログラミング学習をしていくことでしょう。

もちろん、これは他の勉強にも応用できるので、お子さんが実践できそうな方法を探してみてください。

 

誰かと一緒に学習をする

 

新しいことを独学で勉強をするのは、大人でも正直しんどいものです。

子供であれば、それに加えて「何をすればよいのかわからない」「一人でやっていてもつまらない」などといった気持ちが生まれます。

反対に、誰かとなにかを成し遂げたときの感動は、一人でやった時よりも高まります。

そのような経験を積み重ねると、何事に対しても面白いと感じるようになるでしょう。

 

最近は、プログラミング学習の教室やワークショップが数多く開かれています。

子どもには、そのような場で周りと協力してプログラムを作り上げる面白さを体験させてみるのもおすすめです。

誰かと一緒に学習をすることには、交友関係を深めることができたり協調性を学ぶことができたりといったメリットもあります。

 

子どものペースで進めさせる

 

人間には個性があり、それぞれできる力量が違います。物覚えが悪い子、一度聞いてすぐ覚えられる子など、さまざまです。

しかし、そこで一番できる子に合わせて注意したり叱ったりすると、子どもがプログラミングだけでなく、勉強そのものを嫌いになってしまう恐れがあります。

子どものころから焦って勉強をする必要はありません。なるべく子どもができるペースでゆっくりと学習を進めさせてあげましょう。

 

まとめ

プログラミングを学ぶことにはさまざまなメリットがあり、プログラミングが面白いと子どもに思わせることが重要であるということはご理解いただけたかと思います。

大人でも子どもでも、楽しいと思って熱中したほうが物覚えは良いものです。

 

今後、プログラミングは大学受験にまで関係してくるスキルですので、最初でつまずかないように、親はしっかりケアしてあげましょう。

他の記事でも、おすすめのプログラミング学習方法を紹介しています。

そちらもぜひ参考にしながら、子どもたちが楽しくプログラミングを学べる環境を作ってみてはいかがでしょうか。

Summary
ついに義務化されるプログラミング。子どもに面白いと感じさせるには?
Article Name
ついに義務化されるプログラミング。子どもに面白いと感じさせるには?
Description
2020年より文部科学省の新たな改革の一つとして、小学生のプログラミング学習が必修化されます。 これまで曖昧だった情報系の授業が正式なものとなり、大学受験にまで影響する時代となりました。 それに伴い子供向けのプログラミング教室は急増し、習わせたい習い事ランキングでも上位にあがるようになりました。 まさに世の中はプログラミングの時代になったといっても過言ではないでしょう。 同時に、プログラミング学習は多くの親世代が体験してこなかったものでもあります。 果たして子どもがついて行けるのか、面白いと感じるのか、不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、子どもたちがプログラミング学習をしっかり学んでいくために、おすすめの方法をご紹介いたします。
Author
Publisher Name
学びのブログ
The following two tabs change content below.

学びのブログ編集部

学びのブログは、『学び』に関しての様々な情報をお届けします。英語学習や海外の教育事情、また社会で活躍するための本質的な学びについての様々な記事や情報を発信していきます。
READ  ロボット教室とプログラミング教室って?その違いを比較してみました